徒然日記 電子工作編でタグ「Project 2」が付けられているもの

LRIC-RCV.jpg 妙なノイズの原因は赤外線リモコン受信モジュール PL-IRM0101の負荷のインピーダンスが高いことが原因だったらしい。

 現象としては、不定期(数秒単位)に数100μsのパルスが出るというもの。
 トリッキーな電源の取り方が問題かと思い、電源を別に取り、IRM-0101 の出力にオシロだけをつなげても現象が出る。

CIMG0562_edited.JPG さてどうしたものかと思いデータシートを見直してみると、参考回路の IRM-0101 の出力とそれを受けるトランジスターのベース間の抵抗が妙に小さい。
 もしやと思い、最初 100k をつけていた R1 を 4.7k に変更。問題なく動いた。

 オリジナルの回路どおりにしなかったのは、オープンコレクターでもない出力端子を VCC の2倍以上の電圧でプルアップして使うのは気持ち悪かったから。

 もっとも、ほぼオリジナルと同じ回路でも動く模様。んー、これを見ると電源周りの問題だったかも? CIMG0563_edited.JPG
 WinLIRC の受信アダプターを作ったのだが、動かない。

 受信機のチェックはそれらしく動いたのだが、リモコンの学習方法ではエラーばかり。たまに動いても二つ目が一致しないと言ってくる。

 オシロを引っ張り出して波形を見てみると、妙なノイズが乗っている。パスコンを増やしたり、プルアップ抵抗を変えたり、トランジスタのバッファを一段入れたりしたがダメ。

 んーん。どうしよう。

 
 WinLIRC の受信アダプターを作ることにした。 以前、赤外線リモコンの信号をオシロで見るためのツール(?) を作っていたのでそれを流用することに。
 抵抗・コンデンサー・ダイオードは手持ちがあるので D-SUB のコネクタだけ買ってくれば OK。

-----
 せっかくなので回路図を残せないかとフリーの回路図 CAD を探してみる。google に「CAD 基板(?)」と入力すると、程なく BSch3V にたどり着く。

 サクっとインストールして、チャチャと入力。ライブラリに赤外線受光モジュールを一つ追加しても 30分ぐらいか?

 うーん恐るべし。作者に多謝。

-----
 いままで回路図を手書きしても 100% 行方不明になった。回路図ではないが、PC に放り込んでいたデータは機種が変わり、ソフトが変わると読めなくなった。
 PDF にしてネットに放り込んでおけば、今度こそ大丈夫か?

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

track feed Subscribe in a reader
Powered by Movable Type 4.01